観察者

起こる全ては人生のクリエーション。「無の感覚」体現ファシリテーター

観察者

最近、瞑想をしていると
百合の花を持った観音様が
現れるようになった。

この方はいつも何も言わず
ただただ、あたたかくて眩しい
慈悲のエネルギーで私を見つめてくれる。

私が現実と思い込んでいるスクリーンは
今、大嵐が吹き荒れている。

自我は恐れ、怖がり、不安に塗れ、
この嵐をどうにかしてくれと
まくし立てるように訴えてくる。

私の内側の世界に透明の壁があり
その壁を猛烈叩いてくる。

私はゆっくりと透明の壁の内側に
自我を招き入れ、丁寧に話を聴く。
隣にこの観音様もいる。

こちらが落ち着いて、自我の訴えを
聴いていると、次第に落ち着いてくる。

さらにこの様子を見守っている
存在が自分の中にいる。
ただの観察者だ。

ただただ、全てを見守っている
観察者。

そして、発狂乱に訴えかけていた
自我が落ち着いてくると、
フッと、それはどこからやってくるのか
閃きのようなものが湧いてくる
場合もある。

それは浮き立つようなワクワク感ではなく、
落ちついた閃き。
宇宙の叡智、潜在意識、ハイヤーセルフからの
メッセージ、、、。
言葉はなんだっていい。

そのフッとをさらりと行動してみる。
期待もせずに。

現実と思い込んでいるスクリーンが
どんなに嵐だろうと、

自分の内側が穏やかで平和であることは
何事にも何者にも影響を受けなくていい。

そこだけは、穏やかでいい。

嵐は止めようとしなくていい。
勝手におさまっていく。

自分の内側が平和であれば。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。